月別アーカイブ: 2017年1月

自営業者でも借りれるビジネスローン・キャッシングはどれがおすすめ?

自営業者は金融機関にとって審査が難しい人たちです。
給与収入がある人であっても、派遣の仕事の人なども審査は難しいと言われていますが、定期的な収入の保証が全くないと言っていい自営業者の方は、確実に返済資金が確保できないため、限度額の計算が難しいのです。
しかし、そのような自営業者の方であっても、ビジネスローンは話が別です。
消費者金融の総量規制は、個人の生活資金借入が対象であり、事業用借入は別なのです。最近は消費者金融も個人向けより、ビジネスローンを手掛けるケースが増えています。
大手消費者金融であるプロミス・アコム・モビットともにビジネスローンを展開しています。
商品構成はすべてカードローンなので、使い勝手は悪くありません。一般的なカードローン同様に利用すればいいでしょう。
ビジネスローンの審査基準は個人向けカードローンと大きく違うわけではなく、返済資金の確保ができるかどうかが審査の分岐点になります。ただし個人向けローンと違って、確実な収入ではなく、事業の確実性が問われるため、個人向けローンとは審査基準は異なります。
ビジネスローンの審査は、事業の将来性を審査しています。事業が将来どの程度の売り上げを確保でき、原価を引いたキャッシュの残りがどの程度になりそうかという点を重視するのです。
同じことは銀行でもしているじゃないかと言われそうですが、銀行融資の審査は非常に厳しいです。最近は銀行でもカードローンを企画しているため、それと混同されるかもしれませんが、事業用貸付については「石橋をたたき壊して渡らない」と言われる審査基準です。
自営業の方が事業用資金を借りたいのであれば、消費者金融系のビジネスローンを利用したほうが賢明と言えるでしょう。

休日でも即日借りれるキャッシング、カードローンはある?

最近の消費者金融は年中無休で審査の対応をしています。

そのため、休日であっても申込の受付ができますし、審査に通ればキャッシングやローンを利用することができます。
しかし、ここで問題になるのが在籍確認です。
給与収入がないと返済ができないカードローン利用者を審査するためには、勤務先に勤めていることの確認が必須です。しかし、一般的に在籍確認は勤務先に電話をする方法で行われており、これができない土日は即日融資ができないのです。
しかし、この問題をクリアすれば土日でも即日融資が可能です。
では、どうすればいいのでしょうか。
大手消費者金融のプロミスでは、在籍確認の電話を省略して健康保険証や直近月の給与明細で在籍確認をしています。これらを確認すれば、実際に働いていることは確実だからです。
プロミスだけではなく、モビットも同様の申込方法を準備していますし、アコムでは申込確認の電話の際にお願いすることで対応してくれることが多いようです。
実際に審査を受けると、最終段階で身分証明書である免許証の提示が必要です。この際に、健康保険証や直近の給与明細を提示すればいいのです。提示といっても難しくありません。スマホのカメラで撮影して送信すればいいのです。
急にお金が費用だというタイミングは、平日より休日のほうが多いです。明日はデートだという土曜の夜に、ちょっと財布の中が不安だという場合もあるでしょう。不安を抱えたまま出かけるのは精神衛生上よくありません。
それより、プロミスなどの消費者金融に電話をして相談してみるほうが先決です。
ただし、消費者金融は年収の3分の1という総量規制があります。他の借入が多いと融資を受けることができませんから、事前確認は必須です。