滞納していた借金を完済したのにカードローンの審査に通らない理由とは?

滞納していた借金を完済したのにカードローンの審査に通らない理由とは?

「以前金融機関に滞納していたけど、今は完済している。にもかかわらず審査に通らない。」と感じていませんか。

滞納していた借金を完済して、審査に通るかはケースバイケースです。

完済したのにカードローン審査に通らない理由について解説します。

・長期滞納の場合は信用情報に5年記録されている

滞納期間が長引き、2~3か月滞納した場合は金融事故として信用情報に記録されています。

余り知られていませんが、この記録は借金を完済しても5年は残り続けるのです。

カードローン審査に通るようになるのは5年後なので、審査に落ちている人はまだまだ時期尚早なのかもしれません。

・短期滞納でも信用情報に記録される

短期滞納でも、『その月の指定日にキチンと入金しなかった』という情報が信用情報に記録されます。

一つくらい忘れたくらいなら大目に見てもらえる事もありますが、何度も行っていると滞納癖がある人と思われ審査に通らなくなるのです。

この記録は1年程度保存されますので、それ以降申し込むと上手くいくかもしれません。

・滞納を解消しても記録は残る

滞納を解消したのだから、滞納の記録は消されるべきと思う人が多くいます。

金融機関としては、キチンと期日まで返済をしていないだけで大きな手間がかかり、注意喚起をする為に信用情報を記録するのは義務なのです。

自業自得ですので、信用情報が消えるまで待つようにしましょう

カードローンの滞納記録は一度行うと、絶対に消せません。

滞納は行わないようにしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ