返済遅延・延滞、何日を過ぎたらブラックリスト入りになるの?

返済遅延・延滞、一体何日間を過ぎたらブラックリスト入りするのでしょうか。

返済遅延・延滞を何日間すぎたらブラックリスト入りするのか解説します。

・返済遅延・延滞、まずいのは2~3か月

返済遅延・延滞で2~3か月状態を維持してしまうとブラックリスト入りする可能性が高まります。

普通の人であれば、この期間まで返済遅延・延滞は解消できると考えられているからです。

返済遅延・延滞を2~3か月繰り返すと、ほぼ確実にブラックリスト入りすると覚えておきましょう。

・1か月くらいでブラックリスト入りする事も

ブラックリストに登録する期間は、金融機関によって考えが色々です。

毎月の様に1か月延滞する、電話を無視すると言った対応を取っていると、1か月くらいでブラックリスト入りする事もある訳です。

2~3か月という期間に惑わされず、延滞したらすぐに解消するようにして下さい。

・銀行カードローンは直ぐブラックリスト入り

銀行カードローンと消費者金融ではおかれている事情が違います。

銀行カードローンは保証会社を取っており、ブラックリストに載せると保証会社から貸金を回収できる契約になっているのです。

つまり、ブラックリスト入りさせた方が得なので、2~3か月待つといった優しい対応はしてくれません。

ブラックリスト入りすると碌な事になりません。

期間も業態や会社によってこれと言って決まってはいないのです。

延滞をしたら、即座に解消を行うようにして下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ