任意整理と特定調停の違いはどこ?キャッシング債務整理は何がおすすめ?

任意整理と特定調停の違いはどこなのかわかりますか?
一見分かりにくい、任意整理と特定調停のその違いと、キャッシング債務整理の中で何がお勧めなのかについて解説します。

・任意整理は貸主との交渉
任意整理は弁護士や自分で貸主と、『今のままでは返していけないので借金の返済を先延ばしにしてください』と交渉をする制度を言います。
その際、過払い金など払い過ぎていた金利があれば返済額と相殺されますが、既に過払い金請求が顕在化した時代から10年以上経って時効を迎えていますので、このようなケースはレアケースと言えるでしょう。
任意整理では裁判所が絡まず、全て貸主と借主の間の交渉で決定します。

・特定調停は裁判所を介する交渉
特定調停は貸主との条件とかい離が激しい、または貸主が任意整理に応じないなどした時に裁判所を介して妥協点を見つけてもらう制度です。
妥協点は今までの判例に近いものになりますが、任意整理と違い裁判所に提出する書類の作成を行わないといけないと言った手間がかかる債務整理方法です。

・キャッシング債務整理でお勧めできる債務整理方法
キャッシング債務整理を考えているのであれば、『自己破産』を選択するといいでしょう。
というのも、任意整理や特定調停では返済期間を長くすることはできますが、金利の減免など支払い負担の軽減は殆どはかられません。
現在のキャッシング事業者は利息制限法を守り、低利での融資しか行っていませんので利息をそれ以上下げる理由が無いため、交渉が上手くいかないのです。
任意整理や特定調停を行っても弁護士費用が多くかかるだけで、結局のところ損失が発生しますのでそれなら自己破産を行った方がいいでしょう。
もし弁護士が借金が少なくて自己破産が行えないというのであれば、頑張れば返せる金額という事ですから節約して返済をした方がいいでしょう。

債務整理は任意整理、特定調停ではなく自己破産を第一に考えるようにして下さい。
債務が無くなりますので、生活の立て直しも容易になりますから、利用の際は是非自己破産を検討してみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ