自営業者でも借りれるビジネスローン・キャッシングはどれがおすすめ?

自営業者は金融機関にとって審査が難しい人たちです。
給与収入がある人であっても、派遣の仕事の人なども審査は難しいと言われていますが、定期的な収入の保証が全くないと言っていい自営業者の方は、確実に返済資金が確保できないため、限度額の計算が難しいのです。
しかし、そのような自営業者の方であっても、ビジネスローンは話が別です。
消費者金融の総量規制は、個人の生活資金借入が対象であり、事業用借入は別なのです。最近は消費者金融も個人向けより、ビジネスローンを手掛けるケースが増えています。
大手消費者金融であるプロミス・アコム・モビットともにビジネスローンを展開しています。
商品構成はすべてカードローンなので、使い勝手は悪くありません。一般的なカードローン同様に利用すればいいでしょう。
ビジネスローンの審査基準は個人向けカードローンと大きく違うわけではなく、返済資金の確保ができるかどうかが審査の分岐点になります。ただし個人向けローンと違って、確実な収入ではなく、事業の確実性が問われるため、個人向けローンとは審査基準は異なります。
ビジネスローンの審査は、事業の将来性を審査しています。事業が将来どの程度の売り上げを確保でき、原価を引いたキャッシュの残りがどの程度になりそうかという点を重視するのです。
同じことは銀行でもしているじゃないかと言われそうですが、銀行融資の審査は非常に厳しいです。最近は銀行でもカードローンを企画しているため、それと混同されるかもしれませんが、事業用貸付については「石橋をたたき壊して渡らない」と言われる審査基準です。
自営業の方が事業用資金を借りたいのであれば、消費者金融系のビジネスローンを利用したほうが賢明と言えるでしょう。