厳しい?怖い?カードローンとは

カードローン、またはキャッシングという言葉を聞いて拒絶反応を示す人が少なくありません。

会社によってはカードローンを利用すると自己破産になると脅迫めいたビデオを新人研修の際に見せていることがあります。

確かに、カードローン利用者の中には返済ができず、自己破産ではないものの任意整理などと言われる債務整理に追い込まれる人が存在します。

言い方を変えれば借金です。借りたお金は必ず返さなければなりません。

ただ、債務整理や自己破産などのような状態になるまでには、かなりの時間と事情が重なる必要があります。

通常、期日通り返済ができていればカードローンで債務整理に追い込まれるようなことはありません。

必要な金額を借りて、予定していた日に返済する。これはほとんどの利用者が普通にできていることです。

とはいえ、実際に債務整理に追い込まれる人のビデオを見せられたり、自分の知人などにそのような人がいるとカードローンは怖いものだと思われるかもしれません。

しかし、一定の注意をして利用すればそのようなことには絶対なりません。

そのためには、自分の利用残高を常に意識することと、できるだけ繰上返済をすることです。

例えば、大手消費者金融のプロミスの場合、ネット上で残額確認ができ、更にネットバンキングで繰上返済ができるようになっています。

このような消費者金融を利用すれば、自分の利用残高がいつでも確認できますし、コンビニATMにわざわざ行かなくても繰上返済ができます。

債務整理に追い込まれるということは、返済ができくなったことを意味します。

確かに、プロミスに限らず消費者金融のカードローンは利用額が大きくなれば返済額が増加します。

しかし、繰上返済をすることと利用残高を確認することで、毎月の返済額を自分でコントロールすることができます。

このような注意をするだけで、カードローンは安全なキャッシング手段に早変わりします。

厳しくも怖くもないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ