カードローンではなぜ審査が行われるのか?

カードローンの申込をすると審査があります。
プロミスやアコムでは職場への在籍確認の電話を省略してくれることも多いのですが、中小規模の消費者金融では職場への在籍確認を省略してくれることは少ないです。
職場への在籍確認をされることが、いかに気を使うかは経験をした人ならわかるはずです。
また、審査は必ずしも通るとは限りません。
そのようなことから、審査がなければいいのにと考えてしまい、審査がないという宣伝に引かれて闇金の餌食になる人が少なくないようです。
では、どうして審査があるのでしょうか。
立場を逆にしてみましょう。
皆さんが貸金業者だとした場合、見ず知らずの人にお金を貸す場合どのような判断をするでしょうか。
相手が信用できないとお金を貸すことはできないはずです。
相手が信用できる人かどうかを確認する手段が審査なのです。
もちろん、信用情報機関のデータを消費者金融は把握しているので、それだけでもいいのではないかと思われるかもしれません
しかし、これらのデータは過去のものです。
カードローンの審査で必要なことは、将来のデータなのです。
審査では、申込書を作成してもらい、更に職場にいることの確認もします。
無担保で借入が自由自在にできるローンを契約するわけですから、貸す方は不安がいっぱいなのです。
ちなみに先ほど述べた闇金も実は審査をしています。
闇金も貸したお金を回収する必要があります。
そのための手段を選ばないのが闇金ですが、相手の居場所を把握しない限り回収はできません。
そのため、相手に逃げられないように居場所を常に把握できる相手しか相手にしません。
このように闇金も審査をしています。
お金を貸した以上は回収しなければいけないことは同じなのです。